スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活習慣病の怖さ

今回のテーマは、

「生活習慣病の怖さ」です

先日もヤフーのニュースでこんな記事がありました。


入院患者27% 高血圧症が持病 - Y!トップ
12月3日(木)22時43分~4日(金)4時42分


<厚労省調査>入院患者の27% 高血圧症が持病

厚生労働省が3日公表した患者調査で、
入院患者の27%が高血圧症、
16%が糖尿病を持っていることが、初めて分かった。

入院のきっかけになった病気(主傷病)としては、
両疾病とも入院患者全体の2%未満だが、
脳卒中や心臓病などの患者の持病となっている。
(毎日新聞)

今や6人に1人が糖尿病と言われる現代社会
急増する糖尿病人口
なぜこのような結果になったのか?

★まずは食生活があげられます
食文化が欧米化しコレステロールの高い食生活

★そしてストレス社会
ストレスでついつい帰宅前に居酒屋でお酒を

あげればキリがありません

「生活習慣を変えろ」と言われても
人、それぞれ毎日のパターンが
あるわけです。



いざ、お医者さんから糖尿病と言われれば
生活習慣を見直さなくてはいけません。

当時は、口径薬でそううち良くなるだろうなどと
甘く考えていました

私がなぜ、必死になり血糖値を下げることに
専念したかというと

お医者さんから買わされた2冊の本でした。
しばらくは本も読まずにそのままでしたが

ある日、なにげなく本を読んでいたら衝撃の
画像が目に入ってしまったのです。

それは「壊疽」の衝撃画像でした。

そして、インターネットのヤフーの画像検索で
壊疽と打ち込みさらにびっくりしたことを
今でも忘れません。

世の中には糖尿病の壊疽の画像がたくさん出ています。

それからは、すこしづつ生活習慣を変えるように
はしましたが、すぐに変えれるはずもなく
元の自分に戻ってしまいます。

怖いのは高血糖状態であるのに、
インスリンを嫌がって血糖コントロールが
悪いまま放置すると
合併症が急速に進んでしまいます。

高血糖を放置せずに血糖コントロールを改善しましょう。
合併症の予防はできますが、
進んでしまった合併症を治す薬ではありませんので
合併症が進む前に使用を開始しなければなりません。

血糖値をコントロールするのに役立つのは
食品カロリーブックです。

この本を1冊持てば何カロリーかすぐに把握でき、
最近ダイエットされているかたにも効果あるようです。

また、作った料理も本を見ることでわかり
低カロリーのレシピなども載っています。

生活習慣を改め

血糖値をコントロールする事で糖尿病の治療は、
患者さんが健康で長生きする事です。

一時的に血糖が下がっても、長期的にみてその人の
健康を害するような事はさけるべきです。


結果は何年後かに、患者さん自身の病状の悪化
としてあらわれます。
合併症にならないように食生活、運動不足、ストレスに
気をつけましょう。


次回は食事のことをお話します。

読んで頂きありがとうございます。

--------------------------------------------
何か具体的に聞きたい質問や不安がありましたら

メール

まで、ご連絡ください。

匿名でもちろん大丈夫です。

名前を伏せて公開させていただく可能性もありますが
親身にお答えさせていただきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

血糖値を108まで下げる「無料ビデオ」
無料コンテンツ一覧
血糖値上昇はハーブで
血液サラサラサプリ
カテゴリ
糖尿病撲滅
twitterでつぶやき
フリーエリア
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス by SEO対策

QRコード
QR
食事療法・運動療法
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。